すっぽぽん
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
夜中にこっそりお買い物

 

 

 

 

前回のあらすじ。

 

深夜のコンビニに行ったガブリシャスさん。

惣菜コーナーの納豆を狙いうちしてたんですが。

そこにいたのはべっぴんさんなお姉さん。

お姉さんはそこで買う物悩んで長期戦!

 

短期決戦で来たガブリシャスさんのメンタルは

もうないぞ!どうするガブリシャスさん!

もう外にいとけるメンタルは限界だ!

 

果たしてどうなるガブリシャスさん!

どうこの場を乗り切れる!。

否、どう乗り越えればいいのか教えてください、

読者の皆様!。

 

そんな事を願うガブリシャス。

 

それでは今週の

「ピンチは損気!、そう言った小学生の時の先生いたけど、

今も思うがやはりどう言う意味なのだそれは?と思いだす」をどうぞ!

 

 

__________

 

 

 

 

そう、基本酔っはらっていて書いていて

あまり覚えてないこの週間連載。

 

しかもこのガブリシャスさんも毎日グテングテンだす。

そんな事を思いながらこの筆者は生唾を飲みながら

ひたいに汗を一滴垂らす。

そう、こう言う頭の良さげなありそうな言葉を

書けば読者は、この文章が頭が良い人が書いてると勘違いしてくれて、

なんかうっかり勘違いし、読者が勝手に芥川的な賞に

推薦してくれるのでないのかと密かに思う。

そう下心がある一文が、「ひたいに汗を一滴垂らす」!。

 

 

 

そうこう脱線しましたが。

さ〜って今週のガブリシャスさんは。。。

 

ただじっと、待っていたそうな。

オナゴさんがそこを動くまで。

もじもじその売り場をウロウロしながら、早くどっか行かないかなっ。。。って。

しかしそれは、オナゴさんからしたら怖かったそうな。

 

 

背後から気配が感じるわ。。。髪が長いおじさんがじっと見てるんだけど。。。

私狙われてるの?っと思ったそうな※。

(※後日談、創世記ガブリシャスさん英雄伝第3巻12章、綺麗なお姉さんのつぶやきから抜粋)。

 

 

その後、勇気を振り絞ったガブリさんは、

その長期なそこに滞在してるオナゴさんのいる惣菜コーナーに

一つの手を差し伸べたそうな。

そう、ガブリさんは欲しかったあの納豆を手にとったのです。

 

目的の惣菜が手に取ればもうここからは話が早いです。

さ〜、この俗世界からの解放、レジちゃっいましょう!

っとなったのですが。

 

 

そう、早く買い、早くレジをし、この女よりも早く立ち去る!。

これこそがこの世紀末の生き方!っと男は決断したそうな。

 

 

 

そうこうしてる間に書き込み字数制限きたので

次回に続く。

 

 

 

次回予告

レジ最前線に立たされた、男と女、

どちらが早くレジにつけるのか。。。

レジに早くたどり着くための攻防、心理戦、店員のうっかり。

皮肉にも悲しい運命が。。。二人をさらに泥沼化にする。

 

次回

「早々とコンビニの店を出て、足早に帰る女!、女はどうしてそんなに早足に急ぐ!。

一足遅く店を出た男は、その先に出た女を眺め、ちくしょ〜俺はストーカーとかじゃね〜!って叫び、頬に涙が流れる!。

このコンビニレジ対決の結末に男の悲しみの遠吠えが荒野に響く。。。!」

 

乞うご期待を!。

 

 

 

 

 

 

 

- comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>